Now Loading...

DIARY

【夏のご挨拶~一丸ファルコスさま】

お知らせ

「西濃から世界へ!アスリート応援団」第一弾鈴村健太の発起人である一丸ファルコス株式会社の代表取締役社長 安藤様を7月26日に訪問させていただきました。大垣南高校フェンシング部の大先輩で、岐阜県フェンシング協会の副会長でいらっしゃいます。鈴村選手が日頃東京でどのような練習をしているか、また今年度下半期の予定をご報告させていただきました。

総務部長 中切様と総務部次長 後藤様は、鈴村選手のユニフォームや剣に大変興味をもってくださいました。剣を手にしてみて「突かれると痛いですか?」「怪我をすることは?」など、気になることが次々と。

こうした活動を通して、一人でも多くの方にフェンシングファンになっていただければ…感染症対策をしっかりしながら、鈴村選手とアスリート応援団はご訪問を続けます。

※記念撮影時のみマスクを外しています

 

【夏のご挨拶~整骨院桜花さま】

お知らせ

今月「西濃から世界へ!アスリート応援団」では、今年度上半期の活動報告と日頃の感謝をお伝えすべく、企業会員さまをご訪問しています。7月20日にお伺いした桜花さまは、鈴村選手が小学生の頃から、体のメンテナンスに通っている整骨院です。院内には、鈴村選手が掲載された新聞の切り抜きやポスターなどがたくさんあります。院長の川瀬さまと鈴村選手、そしてアスリート応援団事務局長の五十川(大垣ケーブルテレビ代表取締役社長)で成長を振り返る時間。ふるさと岐阜のあたたかさそのものでした。

【横断幕】

お知らせ

アスリート応援団の横断幕ができました。

大垣ケーブルテレビ本社の受付に設置しております。

117㎝×223㎝の大迫力。鈴村選手本人が、どんな顔でみあげるのか楽しみです。

 

【新ユニフォーム】

お知らせ

 

鈴村健太選手のユニフォームに大垣ケーブルテレビのロゴが入りました。このロゴが、いつでも寄り添い、心の支えになればと願います。写真と一緒に次のメッセージが届きました。

【鈴村健太選手より】東京2020オリンピック フェンシング日本代表選考会を終えて、まだ前を向ききれたとは言い切れないのが事実です。本当に悔しいし、やるせない気持ちでいっぱいです。でも全ては自分の結果に基づいているので、パリに向けて気持ちを切り替えていく必要があるのも事実です。練習をしながら少しずつ前を向ければと思っています。新しいユニフォームを着て、新しい自分をスタートさせるいい機会です。1日1日大切に頑張っていきたいと思います!

【揖斐高校へ】

お知らせ

『西濃から世界へ!アスリート応援団』設立記念のトートバッグとタンブラーを西濃の高校生フェンサーにプレゼントしました。

揖斐高校フェンシング部には15人が所属。今年度から指導をしている山田先生は、鈴村選手が1年生の頃、大垣南高校に勤務していらっしゃいました。当時は彼に憧れて入部する生徒が多かったと、うれしそうにお話して下さいました。これからも多くの高校生に夢を届けられるよう、鈴村選手と一緒にアスリート応援団も頑張ります。